アモキシシリンと同じ効果のある薬を幾つか紹介しますので比較、ご検討ください

アモキシシリン、という抗生物質を知っているでしょうか。名前は聞いたことがないと言う人がいても珍しくはないのですが、おそらく知らなくても使った事があるという人は実は多いんですね。このアモキシシリンと言う抗生物質は溶連菌感染症などに使われるほか、風邪にも効果がある薬とされているのです。

アモキシシリンに似た薬について

アモキシシリンは、ペニシリン系の抗生物質となっているのですが主に喉風邪や溶連菌、中耳炎などに使われる抗生物質で耐性菌が出にくく高い効果を持っている、という所が特徴的ですね。そして、溶連菌などの治療に使われるアモキシシリンに似た薬と言うのは他にもたくさんあるんですね。

アモキシシリンと同じ効果のある薬を幾つか紹介しますので比較、ご検討ください

他には、エリスロマイシンと言う医薬品が有名ですがこれはペニシリン系とは別系統のマクロライド系と言う医薬品になっていますね。これも、溶連菌の感染症に使われるのですが少し他の部分に作用するところが違い、ブドウ球菌や肺炎球菌や百日咳菌、マイコプラズマなどの治療にも使われるんですね。

原点★アモキシシリン http://www.idrugmt.asia/drug/amoxil.html

これは副作用があまり無いというところが特徴的な抗生物質になっています。そして、他にもまだ別傾向の薬があるのですがこれがセフェム系と言う抗生物質ですね。セフジトレンピボキシルやセフカペンピボキシル塩酸塩などが一般的に処方される物ですね。

マクロライド系のエリスロマイシンなどと同じようにブドウ球菌などに効果がある他、溶連菌の大本分類のレンサ球菌に効果があるほか、耐性菌にも効果があると言われていますね。ペニシリン系に比べると副作用が出にくいのですが、胃腸系に副作用が出るということが多く、特に小さなお子さんにはこういった症状が出やすいと言う報告もありますね。

■何故同じ効果で違う薬があるか
同じ効果があるのに、別々の系統の薬があるのかと言うとまずそもそもアプローチが違うからです。これらの抗生物質は、たしかに溶連菌に対して効果が有るという物なのですが溶連菌への治療のみに使われる抗生物質というわけではないんですね。先ほども言ったとおり、それぞれ別の症状などに対しても治療効果が有ると言う副効果が別々の物なので、成分もかなり違うんです。

そして、何より同じ溶連菌に関しても例えば抗生物質と言うのはアレルギー物質と言う物が違うんですね。だから、例えばペニシリン系の抗生物質にアレルギーが有る人の場合はマクロライド系やセフェム系などの抗生物質を使う、と言ったように成分が違うけど同じ効果のある抗生剤があることで、アレルギーで他の抗生剤を使う事が出来なくても、別の抗生剤を使う事が出来る、というようにする意義もあるんです。

なので、それらの特徴や自分の体質の合う合わないと言ったようなことも踏まえた上で使い分ける事が出来る、という事が同じ効果でありながらも違う抗生剤があるという意味なんです。これらは、医師が診断して処方する物なので患者側は特に気にする事もありませんが、同じ効果があるのに何で?と思った人はこう覚えておきましょう。

■副作用の有無について
他にも、同じ効果であっても成分が違うので副作用の出方が違ったり服用の仕方が違ったりと、それぞれ別々の特徴を持っているのが抗生剤のこれらの違いです。なので、同じ感覚で別の抗生剤を服用シてしまったりすることがないように、処方される際の飲み方の指導はちゃんと聞いて覚えておくようにしましょう、適切な服用をしないと効果も薄れますからね。

効果を最大限に発揮させるためにアモキシシリンを正しく飲もう

溶連菌の治療には、主にアモキシシリンなどが含まれるペニシリン系の抗生剤の他、セフェム系抗生物質などが用いられます。この、抗生物質を使った菌を殺す治療法と言うのは正しい抗生物質を飲む事はもちろんなのですが、それ以上に正しい処方されたとおりの服用を続けるという事が非常に大事なんですね。

■抗生剤の正しい服用方法

効果を最大限に発揮させるためにアモキシシリンを正しく飲もう

溶連菌の治療に使われる抗生剤には、それぞれ効果の有無はもちろんなのですがそれ以上に正しい服用方法と言う物が設定されているのです。どんな医薬品も、医師に処方してもらう際には用法用量などの指導を受けて使うのですが、あれは目安ではなくて厳守シなくてはいけないものなんです。

特に、抗生剤に関しては効き目に大きく関わって来る物なので勝手に使い方を変えてしまったりしないようにしましょう。

■抗生剤の服用期間
アモキシシリンを例に上げると、このペニシリン系の抗生剤は服用期間は10日間が目安です。これも、あくまで目安で医師に診断を受け処方を受けたらそのとおりに飲み続けてください。症状がおさまったからと言って勝手に飲むのをやめないようにしなくてはいけません。

というのも、溶連菌だけでなくこういったウィルス性の病気と言うのは症状が収まっても完全に菌が死んでしまったわけではないのです。抗生剤を飲み続ける事で完全に菌を殺す事が出来るのですが、症状が収まったから飲むのをやめてしまうとまた菌が復活してしまうんです。

■抗生物質のメカニズム
ほかにも、抗生物質と言うのは耐性菌が体内に出来ないように最低期間をしっかり飲み続けるという事が非常に大事です。溶連菌は特に、合併症を発生しやすい物なので抗生物質を長期間服用することが必要なのです。