同じ効果のあるアモキシシリンのような抗生物質の注意点のまとめ

アモキシシリンなど、ペニシリン系の抗生剤からマクロクライド系、セフェム系とアモキシシリンもそうですしそれと同じような効果のある抗生物質は溶連菌の治療に使われます。

これらは、それぞれ構造なども違うのですが注意点などが同じようなところもあるんですね。

HERPESと書かれたボードを持つjosei

溶連菌の治療に使われる抗生剤の注意点

構造が違う抗生物質は、それぞれ注意点なども違ったり副作用が違ったりすることもあるんですね。しかし、共通の注意点と言う物があるのですがその中でも一番気をつけておかなくてはいけないのが、自己中断をしてはいけない、ということなんです。

抗生物質、というのは飲み始めてから2日から3日ほどで効果が現れ始めて症状がどんどん収まっていくんですね。しかし、症状が収まったからと言って抗生物質の服用を自己中断してはいけないんです。

何故自己中断をしてはいけないか

抗生物質と言うのは、対症療法ではないんです。症状を収めるための薬、という物ではありませんので症状がなくなったからと言って使うのをやめてはいけないんです。

抗生物質と言うのは、その症状を起こしている原因を叩いて根絶させてしまうと言うようなものなのです。だから、症状がなくなってしまってもその原因の菌が完全に死んでいるわけではないので、処方されたものは全部飲みきらなくてはいけないのです。

自己中断するリスク

菌が体内に残っていると、当然また菌が増殖します。そうなると、症状がまた元に戻ってしまうだけではなく抗生剤が効かない耐性菌が出来てしまったり、更に急性腎炎やリウマチ熱と言った溶連菌以外の合併症を引き起こすようなものがあるんですね。

なので、抗生物質と言うのは必ず最後まで使い切らなくてはいけないのです。